勇者王ガオガイガーとは?

『勇者王ガオガイガー』(ゆうしゃおう がおがいがー)は、1997年(平成9年)2月1日から1998年(平成10年)1月31日まで名古屋テレビ放送 名古屋テレビ・テレビ朝日系で毎週土曜日17:00 - 17:30に全49話が放送された、サンライズ (アニメ制作会社) サンライズ製作のサイエンス・フィクション SFロボットアニメ作品。およびその主役ロボットの名前。1990年代を代表するロボットアニメシリーズである「勇者シリーズ」の第8作。
ダグオン
~1997年1月
ガオガイガー
~1998年1月
勇者シリーズのTV作品最終作で、「ガガガ」「GGG」などと通称される。前作『勇者指令ダグオン』までのシリーズ他作品と比べてかなり異色な作風であるため、一部では本作を勇者シリーズに含めないという意見もある。しかし、熱い戦闘演出と緻密な設定を高く評価するファンも多い。特に「正しいロボットアニメの熱い主題歌」として作られた主題歌「勇者王誕生!」は、過去の「熱い」作品群へのオマージュ志向が放映当時強かったこともあり、作品共々非常に高い支持を受けた。所謂「燃え」アニメと呼ばれる分野の再起の急先鋒となるなど、アニメ界に非常に大きなインパクトを与えた作品でもある。また、本来の対象であった幼児や低年齢層の合体型玩具などのみに特化せず、成人層のアニメファンにも対応したフィギュアなどまで含めた各種商品を展開したその販売モデルは、自身の続編である『FINAL』のみならず、『超重神グラヴィオン』、『OVERMANキングゲイナー』、『斬魔大聖デモンベイン 機神咆吼デモンベイン』など21世紀に入ってからの「燃え」型ロボットアニメの成立にも、ことに大きな影響を与えている。

勇者王ガオガイガーの詳細


content