マジンガーZとは?

『マジンガーZ』(マジンガーゼット)は、永井豪作の漫画、およびそれを原作とする東映動画のアニメ作品。その作中で主人公が乗り込む巨大ロボットの名称でもある。
週刊少年ジャンプ(集英社)の1972年10月2日号 - 1973年8月13日号。
ジャンプコミックス全4巻など。
週刊少年ジャンプに掲載されていたものは、これからマジンガーZとドクターヘルの最終決戦が始まるという場面で唐突に最終回を迎えた。(現在漫画文庫などで出版されているものは、マジンガー軍団とドクターヘルの最終決戦などが追加されている。)
兜十蔵博士は地震で瓦礫の下敷きになって死亡する直前、息子夫妻を実験中の事故で死なせたことへの償いから、孫の甲児に超合金Z製・光子力で動くマジンガーZを与えた。十蔵のビジュアル及び言動はアニメ版より遥かにマッドサイエンティスト風であり、或る意味Dr.ヘルよりアブナそうであった。

マジンガーZの詳細


content