ヒカルの碁とは?

『ヒカルの碁』(ひかるのご)は、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に1998年12月から2003年まで連載された、囲碁を題材にした少年漫画。全23巻。
原作はほったゆみ、漫画は小畑健、監修は日本棋院所属の女流棋士 (囲碁) 女流棋士・梅沢由香里がそれぞれ担当した。2000年に(掲載開始わずか1年余で)第45回小学館漫画賞 、2003年に第7回手塚治虫文化賞新生賞受賞。略称は「ヒカ碁(ひかご)」。2007年に向けて集英社が完全版コミックスの準備をしている。このことは集英社の要望コーナーの回答にて表明している。
主人公・進藤ヒカルはごく普通の小学校6年生。祖父の家の倉にあった古い碁盤に血痕を見つけたヒカルは、その碁盤に宿っていた平安時代の天才棋士 (囲碁) 棋士・藤原佐為の霊に取り憑かれる。囲碁のルールも佐為がかつて憑いていた碁聖・本因坊秀策(虎次郎)の強さも知らないヒカルは、「神の一手を極める」という彼の壮大な目標に付き合わされ、彼にせがまれるままに碁を打つことになる(以降、佐為はヒカル以外には姿も見えず会話もできず、物を動かすことすら出来ない存在であることを前提に話は進む)。

ヒカルの碁の詳細


content