電脳冒険記ウェブダイバーとは?

電脳冒険記ウェブダイバー(でんのうぼうけんき うぇぶだいばー)は、2001年4月6日から2002年3月29日までテレビ東京で全52話放映されたアニメ。
登場するロボットが全て3DCGで製作されていることが特徴。
登場するロボット、及び戦闘シーンが全て3DCGで製作されていることが特徴であったが、CGモデルの出来自体は同時期の他のCGアニメに比べ極めて簡素なもので動きも最低限と、評価はあまり高くなかった(CG部分は3名のスタッフで制作されていたという)。同時期に『ゾイド』が放映されていたことも極めて不運だったと言える。しかし、物語や通常のアニメシーンや音楽など、CG以外の部分への評価は高いと言える。

電脳冒険記ウェブダイバーの詳細


content