鉄腕アトムとは?

『鉄腕アトム』(てつわんアトム、Mighty Atom)は手塚治虫のサイエンス・フィクション SF漫画作品、及び同作を原作としたテレビアニメ、特撮テレビ番組の作品名、並びに作品内の主人公である架空のロボットの名称である。テレビアニメ版で使用された主題歌(作詞:谷川俊太郎、作曲:高井達雄)の曲名でもある。21世紀の未来を舞台に原子力(後に核融合)がエネルギー源の感情を持った少年ロボットアトムが活躍する物語。米題はAstro Boy(アストロ・ボーイ)。
本作は、1952年から1968年にかけて「少年 (雑誌) 少年」(光文社)に連載され、1957年4月13日から同年9月28日にかけて東京放送 KR(現・TBS)によってテレビ紙芝居も放映された。1959年から1960年に、毎日放送制作・フジテレビジョン フジテレビ系で特撮ドラマ化され、また1963年から1966年にかけて同じくフジテレビ系でテレビアニメ化された。このアニメ第1作は平均視聴率30%を超える人気を博し、その後、世界各地でも放映された。

鉄腕アトムの詳細


content