超電磁ロボ コン・バトラーVとは?

『超電磁ロボ コン・バトラーV』(ちょうでんじロボ コン・バトラーブイ)は、1976年(昭和51年)4月17日から1977年(昭和52年)5月28日まで、NET→テレビ朝日系で毎週土曜日18:00 - 18:30に全54話が放送された、東映 東映(本社)製作のロボットアニメ。アニメの実制作はサンライズ (アニメ制作会社) 創映社が担当した。通称はコンV。
長浜三部作(本作、『超電磁マシーンボルテスV』、『闘将ダイモス』)の1つ。放送局と放送枠の異なる『未来ロボダルタニアス』を加えて「長浜忠夫ロマンロボットアニメ」と呼ばれる事もある。
地底に潜んでいたキャンベル星人が侵略行動を開始した。これを予期していた南原博士は超電磁の力で合体する巨大ロボ「コン・バトラーV」を建造、全国から四人の若者を集め、孫娘のちずるを含めた「バトルチーム」を結成した。南原博士の死と四ッ谷博士の登場、大将軍ガルーダの悲しい秘密、新たな敵女帝ジャネラの出現…地球に平和を取り戻すまで豹馬たちの戦いは続く。

超電磁ロボ コン・バトラーVの詳細


content