デビルマンとは?

『デビルマン』(Devil Man) は永井豪による漫画作品およびそれと同時に作られたTVアニメ作品。
永井豪の漫画『魔王ダンテ』(「ぼくらマガジン」連載)をベースに「悪魔をヒーローとした作品」としてテレビ用企画を設定。その設定を基に別個に、漫画版を永井豪が執筆、アニメ テレビアニメ版は脚本担当の辻真先がオリジナルストーリーを構成した。両作は『先行する原作漫画とそのアニメ版」といった関係ではなく、『同一の基礎設定を使用して描かれた2つの作品』という関係に近い。漫画版は購読者層をやや高めに設定したことと、連載を経る毎に黙示録的な世界観へと変遷していったのに対し、アニメ版は単純な反面、低年齢層の視聴者を取り込みやすいヒーロー物の体裁を取っている。

デビルマンの詳細


content