出撃!マシンロボレスキューとは?

『出撃!マシンロボレスキュー』(しゅつげきマシンロボレスキュー)は、テレビ東京系列で2003年1月8日から2004年1月3日まで放送されたロボットアニメのタイトル。
2000年の春、東映アニメーションの関弘美プロデューサーからプレックス側にオファーがやって来た。3年後の2003年にフジテレビのデジモンシリーズの後番組企画を企画した。プレックス側の応答したのは、長らくやってなかった、マシンロボを東映アニメーションとしては、ゲッターロボ號以来のロボットアニメを野中剛氏を中心のプレックスの面々と関弘美氏を中心の東映アニメーションのデジモンスタッフでガシャポンの試験的スポットライト商品のマシンロボGPを企画した。所が、野中剛氏が関弘美氏以外にもサンライズ (アニメ制作会社) サンライズの古里尚丈氏にも企画を持ちかけており、野中剛氏は、関弘美氏と古里尚丈氏とお互いの企画書とパイロットフィルムを見せた結果、結局サンライズ (アニメ制作会社) サンライズ制作によるアニメ化が決定した。

出撃!マシンロボレスキューの詳細


content