サイボーグ009とは?

『サイボーグ009』(サイボーグ ゼロゼロナイン)は、石ノ森章太郎のSF漫画、およびそれを基にしたSFアニメ。
『仮面ライダー』と並ぶ石ノ森の代表作で、未完の大作である。石ノ森自身のこの作品に対する思い入れは相当強く、仮面ライダーシリーズに関しては作画を他人に任せたことが多かったが、本作は雑誌掲載作品のほとんどを自分で描いた。例外として、映画『サイボーグ009超銀河伝説』のコミカライズ作品に、シュガー佐藤や桜多吾作などの筆によるものがある。
「009」というネーミングは、007シリーズに由来する。連載開始が1960年代と古く、当初008はアフリカの奴隷商人に連行される直前にブラックゴーストにより救出(のち拉致)されたなど、作中には、今となっては明らかに人種差別と受け取れる表現が多々あった。

サイボーグ009の詳細


content