機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYとは?

『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』(きどうせんしガンダムダブルオーエイティースリー スターダストメモリー、MOBILE SUIT GUNDAM0083 STARDUST MEMORY)は、ガンダムシリーズのOVA(オリジナルビデオアニメ)で、1991年に全13話が制作された。
また、後に本作を元に編集・カットの追加が施されたアニメ映画『機動戦士ガンダム0083 ジオンの残光』も制作されている。
一年戦争が終結して3年、地球連邦軍再建計画に基づきガンダム開発計画が提唱され、その試作機「ガンダム開発計画#ガンダム試作1号機(ゼフィランサス) ガンダム試作1号機」と「ガンダム開発計画#ガンダム試作2号機(サイサリス) ガンダム試作2号機」が性能テストのためにオーストラリア・トリントン基地に搬送される。しかし、ジオン公国 ジオンの残党がこの情報をつかんでおり、核兵器を搭載したガンダム試作2号機を強奪せんと基地を襲撃する。かつて「ソロモンの悪夢」と呼ばれたジオンのエースパイロット、アナベル・ガトーがガンダム試作2号機に乗り込み強奪。だが、脱出を図る2号機の前に、新米テストパイロットのコウ・ウラキが乗り込んだガンダム試作1号機が立ちはだかる。追撃するものの、ガンダム2号機は朝靄の彼方に消え去ってしまう。戦いの舞台は宇宙に移り、ソロモン宙域で地球連邦軍艦隊による観艦式が行われる。その艦列を核弾頭を装備したガンダム試作2号機が襲撃、放たれた核の閃光に艦隊の半数が飲み込まれた。だが、ガトー達の真の狙いは別の所にあった・・・・・・・・

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの詳細


content