げんしけんとは?

「げんしけん」(The Society for the Study of Modern Visual Culture)は、木尾士目による漫画作品。
表題の「げんしけん」とは、作中のキャラクターたちが所属する大学サークル「現代視覚文化研究会の略称『現視研』」のこと。ここでいう現代視覚文化とは、漫画、アニメ(特に萌えアニメ)、ライトノベル、コンピュータゲーム(ギャルゲー、アダルトゲーム、対戦型格闘ゲーム等)、そしてそれらを元にした造形(フィギュア、ガシャポン カプセルトイ、プラモデル等)、コスプレ、同人誌二次創作物 二次創作など、1990年代から先のおたく オタク的サブカルチャー群を指す。
この漫画は、これらオタクサブカルチャー全てを対象とする総合的サークルとして発足したもののサークルとしては半ば休止状態だった現視研が、新入生たちの入会によって少しずつ活気を見せていくその過程を描いたもの。オタク趣味を持つ大学生たちのごくありふれた日常をありのままに描いた漫画作品・・・というのが当初の触れ込みであったが、漫画としての性質上登場人物たちのドラマ性を強める必要性があり、ストーリーの進行とともに当初の“ありのまま”的なリアル感は薄れてきている。

げんしけんの詳細


content