陰陽大戦記とは?

『陰陽大戦記』(おんみょうたいせんき)は、玩具「陰陽闘神機」のバックボーンをベースにした、集英社Vジャンプに連載されていた原作監修ウィズ (玩具) WiZ・作画海童博行・シナリオ富沢義彦の漫画。また、2004年9月30日から2005年9月29日までテレビ東京系で放映されていたテレビアニメである。
式神を『神操機(ドライブ)』によって降臨させることができる『闘神士(とうじんし)』の戦いを描いた作品。
作品タイトルからも分かるように、陰陽五行思想…五行思想や陰陽思想、そして陰陽道を作中で大きく扱っている。
玩具やコンピューターゲーム ゲームなども発売され、いわゆるメディアミックス展開をしているといえる。

陰陽大戦記の詳細


content